TOP > お悩みから探すオススメ美容皮膚科 > 目の下のくまが気になる

お悩みから探すオススメ美容皮膚科

人によってお肌の質はそれぞれ。人それぞれに起こりやすい肌トラブルは異なります。繰り返す肌トラブルや肌の悩み解消には、美容皮膚科での美容治療がおすすめです。ここでは、実際に美容皮膚科で治療を受けた人の体験談を、肌のお悩み別に並べてご紹介します。

大阪市
20代女性

目の下のくまが気になる

仕事が忙しくてろくに眠れない日々が続き、そうこうしているうちに目の下に青黒いくまが……。自分ではどうやっても取れないんです。だから外出するときは、濃い目にコンシーラを塗りたくってどうにか誤魔化していましたが、うっかり出先で化粧が落ちてしまうとびっくりした目で見られました。一度、「その痣、彼氏と喧嘩して殴られたの!?」と本気で心配されてしまい、まさか「くまです」とも答えられなかったので押し黙っているうちにそんな彼氏とは別れろ別れろと詰められたことも……。そのくらい、私のくまはグロテスクなくらい青黒く、たっぷり寝ても取れないんです。人目も気になるし、コンシーラも溶けるようになくなっていって買い足すお金も馬鹿にならないしで、大阪の美容皮膚科でくまの治療をしてもらうことに。お医者様から肌の危険信号が点滅状態だと言われ、ケミカルピーリングを受けることに。古くなった肌がぴりぴり剥がれていく感覚がとっても気持ちよかったです。しばらく通って、いまではすっかり元通りに。

目の下のくまを目立たなくする治療法

くまができる原因は、肌の新陳代謝が低下して色素が沈着してしまう他、眼窩周辺の脂肪が少なくて影になってしまう、眼精疲労やドライアイなどによって目の周辺の筋肉に不自然な力が入り血行不良に陥ってしまうことなど、様々です。くまができてしまう原因にあわせて、大阪の美容皮膚科では最適な治療を施してくれます。新陳代謝が低下してくまができてしまった場合には、肌のターンオーバーを復活させるケミカルピーリングがもっとも有効です。肌の再生力を高めることで、沈着した色素を分解し、元の綺麗な肌を取り戻すことができます。また、眼窩周辺の脂肪が少なく、そのため影になって黒く見えてしまうタイプのくまには、ヒアルロン酸の注入も効果的です。ヒアルロン酸を注入することで内側から皮膚を盛り上げ、影を作りにくくすることでくまの目立たない皮膚になります。血行不良が原因の場合は、目の周辺のマッサージを行って血行を促進することが大切です。たっぷり睡眠をとったり、目が疲れる前に休憩するなど、先んじて対処しましょう。

目の下のくまを目立たなくする治療で人気の美容皮膚科

  • 品川美容外科 大阪院

    品川美容外科 大阪院

    品川美容外科は、サーマクール、ジェネシス、炭酸ガスレーザーといった最先端の美容医療機器を取り入れています。様々な方法でにきびにアプローチできるので、自分に合った治療法を選べます。

  • 湘南美容外科クリニック
    東梅田院

    湘南美容外科クリニック東梅田院

    大阪梅田院、大阪東梅田院、大阪心斎橋院、大阪あべの院と、大阪府には4院の湘南美容外科があります。にきび治療には、にきびの原因となるアクネ菌を殺菌する医療レーザーが有効です。

  • 城本クリニック大阪院

    城本クリニック大阪院

    城本クリニック大阪院では、ケミカルピーリングのほか、レーザーや光を照射してにきびを治療することができます。にきび治療に効果的な治療をセットにしたプランも人気です。

大阪で目の下のくまを目立たなくする治療を体験したみんなの口コミ

  • ずっと目の下のクマが気になっていました

    子供の頃からくまができやすい体質で、ほんとにすぐにくまができてしまうんです。それでも子供の頃なら数日で元通りになっていましたが、年齢を重ねるごとに治りにくく……。大阪の美容皮膚科で治療を受けてみて、初めて原因がわかりました。小さい頃から目の周りを擦る癖があったのですが、そのせいで皮膚が黒ずんでいたんです。美容皮膚科の治療でくまを綺麗にしてもらい、癖を矯正するようにしてからはできなくなりました。教えてくださった先生にとても感謝しています。

  • 目の下のクマにヒアルロン酸を注入しました

    目の下がくぼんでいるので影ができてしまい、そのせいで寝不足でもないのにくまが出来ていたんです。目の下のくぼみなんて治し方もわからないので放っておいたのですが、会う人会う人みんなが心配してくるので、さすがに恥ずかしくなってきて、大阪の美容皮膚科で治療を受けました。メスで切って何かを入れるのかな、と思っていたのですが、ヒアルロン酸の注射一本だけで終わったのでびっくりしました。注射しただけなのに目の下のくぼみも消えて、おかげでくまも綺麗さっぱりです。

  • 目の下のクマにヒアルロン酸を注入しました

    一日中パソコンと向き合っている仕事なので、常に眼精疲労。おまけにはっきりとくままで出来てしまって、この仕事を続ける限り女であることを捨てなければ……と覚悟していました。仕事が好きだったのでそれもしょうがないかなと思っていたのですが、あんまりにも人からくまができているから休め、寝ろと言われるのが嫌になって、大阪の美容皮膚科でくまをなくしてもらうことに。くまが消えたおかげで人から言われることもなくなり、仕事にも打ち込めるようになりました。

目の下にできる、くま。漢字では「隈」と書きます。大型動物の熊との関係は、まったくありません。隈とは物陰のことをいい、そこにできる光と影の濃淡も意味として含みます。つまり、目の下という物陰にできる影になった部分だから、隈というのです。また、歌舞伎では演者が目の周辺に黒々とした墨を塗りますが、そのことを「隈取る」といい、これが「目の下のくま」の由来ではないかといわれています。歌舞伎を見る機会があったら、ぜひ演者の目の周辺を見てみましょう。あれが本当の「隈」です。それと比べれば自分のくまなどまだまだ……と、思われるかもしれませんが、他人から見ると同じくらい真っ黒にみえることも。歌舞伎演者と間違われたくないなら、早めに大阪の美容皮膚科に行って治療してもらうようにしましょう。

大阪のオススメ美容皮膚科を見る